有機栽培のみかん | 鹿島みかん村

鹿島みかん村

0120-62-8334

月〜土 8:00〜17:00(日・祝休み)

有機栽培のみかん | 有機ひとすじ30年鹿島みかん村

 

いつから?どうやって?赤ちゃんにみかんをあげたい!

大人にとっては甘酸っぱくて美味しいみかんも、赤ちゃんにあげてもいいものか迷うところでしょう。あげるときに少し工夫をすれば、意外と早く赤ちゃんにもみかんをあげることができます。また、有機栽培などこだわって作られたみかんであればより安心です。

赤ちゃんにみかんをあげてもいい時期

赤ちゃんにみかんをあげてもいい時期

ビタミンCなど栄養豊富なみかん、風邪予防のために冬場は意識して食べているという方も多いでしょう。クエン酸は疲労回復に効果的ですし、袋や白い筋の正体は食物繊維、ぜひ家族みんなで食べていただきたい食材の一つです。

実は、調理方法に注意すれば、生後5ヶ月から6ヶ月・離乳食の初期段階からでも赤ちゃんに与えることは可能です。ちょっと酸っぱさはあるものの甘くておいしい味はきっと喜んで食べてくれるはずです。まずはおかゆからはじめ、イモ類や野菜をすりおろしたものをあげ始めるタイミングで、みかんも献立に加えてみるようにしましょう。

赤ちゃんにみかんをあげる際の工夫

赤ちゃんにみかんをあげる際の工夫

とはいえ、最初から大人と同じように与えることはできません。食物繊維が豊富ということは消化しにくく誤嚥の元となるからです。酸味にびっくりして嫌いになってしまうこともあります。

最初は果汁を加熱してから与えましょう。火を通すと酸味が和らぎ甘味が増します。さらに同量のお湯で薄めると食べやすくなります。みかんジェラートやみかんジャムなどの加工品を販売しているところであれば、みかんジュースも販売していることが多いので上手に利用しましょう。

慣れてくると加熱調理は不要ですが、皮や筋といった食物繊維が豊富な部分は取り除いてから食べやすいサイズに切り分け与えてください。

量の多さや安全面から考えても、丸ごと与えていいのは2歳以降、それまでは面倒でも食べやすい状態に加工してからにしましょう。

鹿島みかん村では、赤ちゃんにも安心してあげることができるように化学農薬・化学肥料・除草剤を一切使わずに育てた有機みかんを販売しています。その他にも、有機栽培で育てた温州みかんに一切の添加物を使わずに作ったみかんジュースや、みかんジェラートなども販売しています。販売価格は税込で、配送料金はお届けの地域によって異なります。

みかんジェラートなどの加工品も販売する鹿島みかん村

販売業者 佐藤農場株式会社
運営統括責任者 宮本政明
所在地 〒849-1324 佐賀県鹿島市飯田乙3574
電話番号 0954-62-8334
メールアドレス sato623@po.asunet.ne.jp
URL https://mikan-satou.jp/